2019-10

品質を学ぶ

JIT(ジャストインタイム)の考え方|7つのムダの排除とは

JIT(ジャストインタイム)とは 製造業の目的は、顧客要求を満たす価値のある製品をつくることです。 この考え方を少し深く考えてみましょう。 すると、 「売れる製品を、売れるときに、売れる数量だけつくる」 とい...
品質を学ぶ

生産活動の目標|PQCDMSとは。個人にも役立つ考え方を学び、生かそう!

生産活動の目標|PQCDMSとは。簡潔に解説しています。そして、個人にも役立つ考え方を学び、生かしましょう。
生き方を学ぶ

副業は、本業のサポート、複業は、やりたいことへの挑戦であり、自分の価値を高める事

副業は、本業のサポート まさに、そうですね。 いろいろありますが、特に単純作業の業務は、 副収入になりますが、「自分の価値を高める」事にはならないのではないでしょうか? 本業をしながら、やりたい事へ挑戦し、...
スポンサーリンク
海外を学ぶ

初めての海外出張 役立ち情報|持ち物、快適に過ごす工夫、緊急時の対応、注意事項を一枚に集約。

今回は、海外出張の際に必要な準備についてお伝えします。 始めての「海外出張」って不安が多いのではないでしょうか? 私(タイキ)は、もう7~8年、主に中国・韓国・台湾・タイなどに、ほぼ毎月通っており、もう大抵の事は経験済です。対...
品質を学ぶ

ものづくりの経営資源 生産の3要素(3M)と品質・コスト・納期(QCD)

ものづくりの経営資源 生産の3要素(3M) 生産活動は、人(MAN)、設備(MACHINE)、原材料(MATERIAL)を使って行います。これを生産の3要素と言います。会社が利益を上げるには、この3要素を有効に使えるか?がポイントで...
品質を学ぶ

日本品質の基盤となったTQM・QC活動だけでは、もはや国際競争で太刀打ちできない時代。 これからを生き抜く新しい戦略が必要。そのポイントは人。

記事の概要 ・従来型の品質の考え方の限界。 ・成長したれば、新しい考え方を受け入れよう。 ・働き方改革は、働き方のダイバーシティー。副業の解禁。 ・個人の能力向上は、個人の自律性に任される。 ・これか...
生き方を学ぶ

ダイバーシティー(多様性尊重)推進の3つのメリット

ダイバーシティの意味 ・ダイバーシティとは英語で「diversity」と表記 ・日本語では多様性という意味。 ・多様性とは、「異なる性質の存在がいろいろ存在する」ということ ・例えば、人種のダイバーシティと言えば、...
生き方を学ぶ

多様性の時代を生きる

今、AI(人工知能)、IoT(Internet of Things)といった言葉をよく耳にします。 時代は第4次産業革命に突入したと言われており、 2045年にはシンギュラリティ(AIが人間を追い越す)が起きると言われていま...
品質を学ぶ

TouchFocus|ワンタッチ遠近切替メガネ|三井化学最新技術・日本品質

*この記事は、アフィリエイト記事ではありません。1分で読める技術紹介記事です。 いくつになっても、年齢を気にせずに、前向きに生きていきたい。でも、加齢による視力の衰えは誰にでも起こるもの。従来の遠近両用メガネでは、メ...
品質を学ぶ

TQM総合的品質管理(Total Quality Management)とQCサークル活動

TQMとは、 総合的品質管理(Total Quality Managementの略)のこと 世界的に評価を受けている経営手法の一つ。 このTQMは人間尊重と和の精神に基づいた経営の考え方。 QCサークル等のチー...
スポンサーリンク